医師における高給は本当に割に合っているのか?

医師高給求人TOP >> FAQ >> 医師における高給は本当に割に合っているのか?

医師における高給は本当に割に合っているのか?

人間と言うのはどこの国の出身かを問わず、一度固めたられた印象は中々変えられない性質を持っています。特に医療機関に勤める医師については、高給取りである印象は非常に変えがたいものがあるようですね。 確かに、医師の求人情報を見てみますと1,000万以上の非常に高い年収がされていますよね。しかし、このパッと見では高給な条件ですが果たして医師の業務量からみると割に合っているものなのでしょうか?

まず、医師の年収と業務量を勘案した場合、明らかに割に合わない職場と言うのが存在しています。それは、実は総合病院や大学病院になるのをご存知ですか?

総合病院のような大規模な医療機関はその組織や経営規模が大きいことも多いために、いかにも年収が高いイメージがあります。これは、日本人が大企業のような大きな組織は良い待遇を持っているという固定観念から来ていると言えます。

しかしその実態はと申しますと、基本的に総合病院の医師待遇は多くの医療機関における医師の中で最も低い部類の1つとなるのです。これはなぜかと言うと、総合病院がいろんな収益性をもった診療科を抱えているからになります。 たとえ、高収益の診療科が多くの利益を上げても、低収益の診療科に利益を配分して地域の医療を維持しているのが総合病院である所以なのです。そして、結果的に総合病院の医師の年収はバランスよく低めに抑えられていくことになるでしょう。

総合病院の医師は基本的に午前中の外来業務に始まって、午後の臨床業務つまり入院患者の回診が待っています。外科医となると更に忙しく、午後にはたいていオペが入ってくることになることでしょう。研修医が来れば指導も行なわなければなりませんし、学会の出席するための準備や依頼された講演の原稿作成もあります。

また定期的に当直業務が発生するほか、日曜日に休みとなっていても患者の容体変化や急患搬送などの状況によってはオンコールがかかって手術が入ることも日常茶飯事です。このような365日拘束された状況では、1,000万を超える年収でも割が合わないのは理解できることでしょう。

もちろん、クリニックなどの当直や週末勤務が基本的に発生しない医師である場合は、高給でも割に合うのかもしれませんが基本的に患者に掛かりつけになってもらえるほどの高い能力が求められますので、常に他のクリニックに負けないような医療体制づくりをする努力も求められるのです。

さて、医師の高給求人を模索していくのであれば、転職エージェント等のサービスに無料登録を行っていくことにしてください。

医師の高給求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 医師の<※高給>求人探しガイド All Rights Reserved.