医師の高給の科は?

医師高給求人TOP >> FAQ >> 医師の高給の科は?

医師の高給の科は?

誰もが一度が憧れたことのある医師としての就職、それはやはり社会的地位の高さと高給取りと言うイメージでしょう。しかし、実際のところ高給になり得る診療科と言うのはそれほど多くなく、主に以下のものに集中して行くことが多くなります。

・美容外科
・婦人科
・各種外科(心臓血管・消化器・呼吸器)
・泌尿器科

基本的に高給取りの医師として勤めていくのであれば、医師としての技術も高いことが求められます。そして、出来るだけ小さな医療機関で勤めることが達成でき易くなることでしょう。

まず、多くの女性にとって外見を美しくするために常に高い需要を持つのが美容外科です。美容外科の医師として特定の美容外科クリニックに勤務して行く場合は、入職時に2,000万円の年収が最低でも保証されることも多くなるのです。

また、最近非常に需要の上がっている診療科として注目されているのが婦人科となります。ここで気を付けなければいけないのは産科ではないとうことになり、主にレディースクリニックに勤める医師になるのです。 かつて女性にとって敏感な症状などは一般内科で診断することも珍しくなかったのですが、最近は女性としてのプライバシーの保護も需要視されることもあって専門の婦人科として確立している医療機関も増えてきました。 婦人科の場合は、そのニーズの高さもあって3,000万円以上の年収を得ることも多くなって行きます。

さらに、一般的に内科医療よりも外科医療の方がしい診療報酬が高い傾向を持っていまして、特に消化器外科や呼吸器外科などはクリニックも非常に多く見受けられ、1,200万円から1,800万円程度の範囲で年収が設定されていることも多くなって行くことでしょう。

循環器外科の場合になりますと、臨床における診療報酬単価が非常に高いために一般病院を選ぶことが高給になりやすい傾向にあります。主に1,200万円から2,000万円の年収範囲になって行くことでしょう。しかし、総合病院になってしまいますとその他の診療科への利益分配も行わなければなりませんので、他の勤務医と変わらない平均年収となって行きます。

また、高齢者も若年層も幅広く患者を持つのが泌尿器科です。泌尿器科って言うとあまりにも専門的過ぎて患者が多くないような気がしますが、人工透析などの作業でとても需要が高くなっているのです。クリニック勤務ですと、1500万円以上の年収になることも多いのです。 こんな医師の高給求人にこだわって行くのであれば、やはり転職エージェントへの無料エントリーがとてもおすすめですよ。

医師の高給求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 医師の<※高給>求人探しガイド All Rights Reserved.