医師の高給案件で意外に人気なのが放射線科医!

医師高給求人TOP >> FAQ >> 医師の高給案件で意外に人気なのが放射線科医!

医師の高給案件で意外に人気なのが放射線科医!

日本の医療機関で寝る間も惜しんで患者のために頑張っている医師ですが、多くの方が医師に対して先行するイメージというのは高給であるということ他ならないでしょう。確かに金額的に言えば高給であることは間違いないのですが、それは日常的な重労働性を持つ医療行為や時間的拘束による対価であると理解した方が宜しいかもしれません。

しかし、その中でも比較的肉体的な負担が少なく高給が取れると注目されているのが放射線科医と呼ばれる医師になります。現在放射線科医の年収は900万円から1,200万円ほどで推移しているようです。金額的に言うと多くの方がそれほど高給ではないという印象を受ける方も多いと思いますが、その他の診療科の医師と比較しますと残業や当直も少なめでありますので特段低い金額ではないでしょう。

現に放射線科医は女性医師も多いこともあって、職務を遂行できる環境としてはそれほど悪いということは無い状況です。でも放射線科医って一体どんな業務を行うのでしょうね?実は放射線科医の仕事は主に2つの分野に分けられます。

・診断分野
・治療分野

放射線科医は、X線/CT/MRI/PETなどの検査機器を使って患者若しくは来院者の健康状態をビジュアル的に捉えてチェックして行くことが挙げられます。しかし、現在はこの検査操作自体は放射線科医の指導の下に診療放射線技師と言う医療従事者に委ねていることが多く、放射線科医はその結果を読影して診断を下す重要な役割を担うケースの方が多くなることでしょう。

また放射線科医にとって最も重要な業務はこの『診断』ではなく、やはり放射線『治療』を施していく担当医としての業務でしょう。内科による薬物治療や外科手術による病巣摘出などどれも適さないような癌や腫瘍のケースになりますと、放射線治療にて抗癌剤を併用することも多くなります。この場合に放射線の照量や場所などを判断するのがまさに放射線科医となります。 これにより、放射線科医は各診療科に跨る業務を行うことになり、実際放射線科医は内科若しくは外科からの転科者も多いのです。

そんな放射線科を取り巻く環境も非常に厳しくなっていて、放射線業務自体を外部委託する医療機関も多くなって来ているのも事実になります。

さて、そんな少しでも高給待遇の放射線科医の求人を求めていくのであれば、ネットにおける転職エージェントサービスへ無料登録を進めて行くことにしましょう。基本的にご自身で求人をチェックする必要もなく、多忙な医師の方でもストレスのないキャリアアップが実現できることになるでしょう。

医師の高給求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 医師の<※高給>求人探しガイド All Rights Reserved.