医師で高給取りになるのなら勤務医?開業医?

医師高給求人TOP >> FAQ >> 医師で高給取りになるのなら勤務医?開業医?

医師で高給取りになるのなら勤務医?開業医?

医師になったのであれば、誰でも高給取りを目指して行こうと思うものです。そんな場合に多くの医師の方が頭に思い浮かべるのが、勤務医として頑張って行くか開業医を目標にしていくのかと言うことになるでしょう。それでは、医師として高給を望んで行くのであればどっちを選ぶべきなのか検証して行きましょうね。

医師の資格を取って多くの方がまず勤務医として勤務することになるのですが、基本的に入職から2年間は研修医としての期間を過ごさなければなりません。多くの方はこの前期研修医期間を含めて5年間の研修医時代を過ごすことが多いのですが、医師としての年収は研修医時代においては低く見積もられることがほとんどです。

医師は基本的に30代に入るちょっと前に一人前の医師としての勤務が始まりますが、この時に年収が大きくアップして行きます。そして、研修医時代にそれほど多く償還できなかった学費や奨学金などを大きく償還できるようになるわけですね。

勤務医の場合で総合病院に勤める場合は1,000万円前後の年収になりますので、奨学金などを考慮した場合はそれほど余裕のある生活が出来るわけではありません。それでも、医師としていろんな案件を扱うことができ、優秀な医師の育成の場としては最も良いと言えるでしょう。 また勤務医でも一般病院やクリニックの場合は、総合病院などの大規模な医療機関に勤めるよりも医師としての年収は大きくなって行きます。

総合的に言うと、勤務医として一生を全うして行くのであれば勤務する医療機関にもよりますが、学費等を償還すればその後は実質的な高給取りとして生活できる可能性が高くなります。

さて、その一方で開業医ですが研修医としての時代を終えてすぐに開業するとは非現実的で、ほとんどの開業医は勤務医として下積した後に30代後半から40代に独立することが多くなります。もちろん、親が開業医としているのであればその限りではありません。

この開業医の場合は医療設備などの購入で初期投資が非常に大きいことが挙げられ、勤務医時代に貯蓄をしておかなければなりません。通常はこの分を設備投資として機器を購入するわけですが、開業したころは一般の開業医のようにいきなり数千万円の高い収入を上げることは難しいでしょう。しかし、長期的に見れば勤務医では稼げない収入を得ることも可能です。

よって、高給取りになるために勤務医になるか開業医になるかと言う判断は人によって様々でして、その判断自体が非常に難しいものであることが理解できることでしょう。

医師の高給求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 医師の<※高給>求人探しガイド All Rights Reserved.