医師で高給を受け取る人は都会にいないって本当?

医師高給求人TOP >> FAQ >> 医師で高給を受け取る人は都会にいないって本当?

医師で高給を受け取る人は都会にいないって本当?

一般的にどんな職業でも、最低賃金に関しては地方よりも都市部の方が高いのが一般的ですので収入は当然都会の方が上がって行くことが多くなります。しかし、医療機関に勤務している医師に関してはその理屈がどうも当てはまらないようです。

その大きな理由として医師の全国的な偏在が挙げられます。つまり、どんな診療科であるかに関わらず、多くの医師は都市部に集中していて地方では医師が絶対的に不足している地域もあると言われているのですよ。

まず、なぜ医師が都市部に集中しているのかと申しますと人口が非常に多いということが挙げられます。通常医療機関における医療設備は、長期的に多くの患者をこなして行かないと資金の元が取れることはありません。これは逆に言うと、人口が少ない地域の医療機関というのは先進的な医療機器を取り入れるほどは資金が回ることがないということになります。

これによって地方で医師が経験できる臨床経験は、相対的に言えば都市部と比べて先進性のレベルが低くなる傾向にあります。そしてこの状況が深刻化した結果、医師人材の著しい偏在が発生することになりました。そして、更に今は都市部と地方部で非常に奇妙な現象が起きているのです。

それは、一部の地方部における医師の年収は都市部の年収よりも高くなっているということが挙げられます。つまり、これは地方の医療機関ではそれほど医師の人材を確保できないということが分かります。しかし、それでも医師の偏在化はいまだに改善しておらず、それがいわゆる近年の医療崩壊に繋がっている所以となります。

それでもすべての地方で医師不足が生じているということではなく、医療行政がしっかりしている地方自治体になりますと地域の医療機関などに補助金が出る場合もあるので一概に地方部の医療体系が低下しているとは言えないでしょう。

またこれほどまでに地方の医療機関にとって人材確保が出来ないわけですから、その人材の確保の手段の最も有効なものは専ら大学医局からの人材派遣に集中することになります。同時に今後は都市部から地方への移住を視野に入れて地方の医療機関に入職するのであれば、医師にとって地方での生活をスムーズにスタートできる大きな機会となります。

さて、このような高給の求人について転職場所にこだわらずにキャリアアップを行っていく場合は、転職エージェントなどのサービスを上手く利用して行くことにしましょう。多忙な医師の方ほど、効率的に求人を紹介してもらいたいはずですので無料登録を積極的にやっていくことがベストです。

医師の高給求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014 医師の<※高給>求人探しガイド All Rights Reserved.