医師の<※高給>求人探しガイド

医師として高給の求人を探すなら

一般的サラリーマンに比べて高給のイメージがある医師ですが、医師になるための費用などを差し引くとそこまで差異が無いとも言われています。もちろん勤務医として転職によって昇給も可能です。

リクルートドクターズキャリアまどの医師の転職に特化した転職サイトがあることをご存知ですか?高給の求人案件も取り扱っていますので、転職の際はぜひ一度ご相談をおすすめします。

医師の高給求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 対応エリア オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
年収2,000万円以上の高給な医師求人が充実!多くの先生方にも満足キャリアアップ!
■キャリアアドバイザーに任せておけば、常勤も非常勤の求人も高給のものをスムーズにご紹介!
医師専門の転職実績30年以上のリクルートだから、様々な職場への転職がスピーディに可能!



医師転職ドットコム 無料 ★★★★★ 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
■全国の主要都市にコンサルタントが在籍しているから、地域のこだわった医師の職場を網羅!
業界最大級の約4万件の求人数が揃っているから、高給の求人情報も多くの先生方へご提供。
転職後の満足度が約95%もの高さ!行く届いたサポートが期待できます!



エムスリーキャリア 無料 ★★★★ 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
医師の登録実績が2年以上もナンバーワンだから、多くの先生方の支持を集めています!
■各エリアごとに散らばっている転職支援コンサルタントが、高給求人を医師の皆さんへご提案!
■ビジュアルにこだわった検索機能で、常勤・非常勤にかかわらない高給求人もチェックしやすい!



MCドクターズネット 無料 ★★★★ 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
スカウトシステムを上手に使うことで、複数の職場からスカウトも可能です。
■専任コンサルタントがついているから、理想的な高給職場も全部チェックしてくれます!
多数の掲載案件が存在しているから、日本全国の職場で高給求人を迅速に斡旋!



JMC 無料 ★★★★ 全国 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
■担当エージェントが、ヒアリングから交渉・面接サポートまで行ってくれるから高給求人もバッチリ!
■登録されたデータを適正に診断して、先生方の合理的な年収をまず調査することができます。
JMC独自の人気・非公開求人もあるから、一味違った高給待遇の求人も模索できます!



医師の「高給の求人」とはいくらくらいからか

一般的に多くの方に高給なイメージのある医師ですが、具体的にその給料と言うと具体的に知っている方は意外なほど少ないようです。通常勤務医の平均年収が1,000万円ちょっと、開業医に関しては2,500万円ほどと言われています。 それでも、これはあくまで研修医としての期間を終えた方の年収になりますので、医師になりたての20代などは下積み期間と言うことができますので年収は数百万円にとどまるのが一般的と言えます。

しかし一見すると羨ましく思える年収ですが、税金や医師としての資格取得に必要だった学費や設備投資分の経費などを差し引くとサラリーマンとさほど変わらないような収入となって行くことが知られているのです。

これらを考慮しますと本当の意味における高給の求人をチェックするのであれば、金額上はやはりあと500万円上乗せしないと高給人材としての実感は得られないのではないと言えるでしょう。勤務医では1,500万円、開業医では3,000万円以上はあれば理想的でしょうね。

まず、医師の年収が表面上はこれほど高くなってしまうのかと言うと、各医療機関が各医療行為に対して受取ることができる診療報酬がきちんと国によって設定されているからになります。つまり同一の診療科内で考えると、症状の簡単な患者さんにも重い患者さんに対しても全部同一の診療報酬単価が適用されます。

そういう意味では、患者さんの診察を時間内にどれだけ多く診察するかが大きなポイントで、数をこなせばこなすほど医師の年収は上がって行く仕組みになっています。よって、多くの医療機関は年収相場が安く設定されている研修医を多く使いたがる傾向にあり、自らの医療機関で研修を実施させる代わりに非常に過酷な労働を強いることも多くなるのです。

ただ、名実ともに高給の医師人材になったとしてもそれはあくまで得られた金額のみを見た話であって、それに対して提供した労働量や拘束時間は一般人の想像を超える凄まじいものもあるでしょう。現場における医師の重い労働実態を見てみると、本当に高給と呼べるのかと言っても過言ではなく高給の定義も非常に曖昧になっています。

また、医療行為の診療報酬単価の低さや患者数の減少もあって、事実上高給求人となり得ない診療科も存在しています。それは産科や小児科となりまして、医療機関が運営できずに廃業する医師も存在しているくらいなのです。医師にとって高給の求人を模索していくのは厳しい時代になって来たと言えるでしょう。


Copyright (C) 2014 医師の<※高給>求人探しガイド All Rights Reserved.